FX注文方法・私の方法をお伝えします

スポンサードリンク

FX注文方法・私の方法をお伝えします

FXの注文方法はいくつかあります。
OCOやIFD、IFO、成り行き注文などがありますね。

 

 

あなたは、いつもどんな注文方法をしていますか???

 

 

私は、口座によって注文方法を変えています。
普段、頻繁に取引をしているのは、JNS、マネーパートナーズ、セントラル短資の3つです。
(この先かわることはあると思いますが、あくまで今2007年7月現在です)

 

 

その中でも1番利益をあげている口座は、JNSの FX-navi オンライントレード です。この口座は、とにかく注文が確定するのが早いです。
なんたって成り行きは2クリックで確定しますから。(しかも一瞬!)
とにかくスピーディーです!!

 

 

他の口座では、成り行きは使わないのですが、
JNS FX-navi オンライントレード だけは、成り行きでポジを持ちます。
(残念ながらJNSは今現在ありません)

 

 

とにかく早くて確実なので便利ですね。
ただ1クリックまたは2クリックで約定してしまうので、
おっちょこちょいな方には向いていないです。
ご注意くださいね。

 

 

そして、マネーパートナーズとセントラル短資オンライントレードですが、(または他の口座も)私は、断然IFD派です!! IFD命!! (笑)

 

 

今、買いかな〜? と思ったら、今より少しだけ低めの数値を入れてIFD注文を出します。
何故かと言うと、買った途端に少し下がりませんか??
だいたいいつもそうなので、5〜10ps低めに数値をいれておきます。

 

 

それでも買えそうにないときは、多少操作してなんとか約定させます。
ただあんまり低い値を追い求めていると最終的にポジを持てないこともあるので、ある程度は妥協しますね。

 

 

肝心なのは、今、買いだ! というタイミングを逃さないことですから!

 

 

IFOではなく、IFDにしているのは、プラススワップの取引しかしないからです。
そして低レバレッジになるように心がけているので、
少しくらいの含み損があったとしても、スワップで元は取れるからです。

 

 

基本的にストップロスは設定しません。
(あくまでも今現時点ではです。将来的には使うと思います)

 

 

ストップロスは、暴落時のピンチから救ってくれます。
そして小さく損切り出来れば、資金効率を良く出来ますから、また良いタイミングでポジを持つことができます。

 

 

教科書通りならね。

 

 

でも私はシロウトで、痛い損切りをしたあとに、
効率よく資金を動かして良いタイミングでポジを持つなんて、そうそうできません。

 

 

だから 「上がったら利確」 のみを考えてIFDです。
とは言っても、ポジを持った直後に 「ヘンだな〜」 と思うような値動きの時には、買値に戻った時点で決済してノーポジにしてしまうこともありますよ。

 

 

ポジを持つ時は、トレードをする中で1番重要だと考えているので、
そこだけは見間違えないようにしたいですね!!
(まだまだ修行中ですが!)笑。

 

 

※ 追記

 

この記事は2007年に書いた記事です。
現在2012年8月ですが、今でも私はマネーパートナーズを愛用中です!
だって使いやすいんだもん♪
マネパは初心者の方にもおすすめですよ。

 

スポンサードリンク