FXの相場は仁義なき戦い!

スポンサードリンク

FXの相場は義理も人情もありません・・・

私のトレードは、当初たった10万円を元本にトレードを開始し、2週間目にさらに元本を20万円追加。
合計30万円を元手に始めました。

 

 

以来、元本も利益も口座に入れっぱなしで、複利が複利を呼ぶようにトレードしてきました。少ない元本のわりには儲かっているのかな?と思っております。(自慢か?!)笑。

 

 

最初はキチンとストップをつけての教科書通りのトレードを行っていました。
ですが、損切りをしたときのショックが大きく、あまりに悔しくて、そのうち損切りをしないで済むトレードをすることにしました。

 

 

それは、多くの方が行っているプラススワップのトレードをメインに損切りをせずに、ある程度の利益が出たら確定するという方法でした。

 

 

ところが、何度か大きな暴落を経験すると、それまで含み益が出ていたものは、あっという間に含み損に変わってしまい、塩漬けだらけになってしまう…。
そうすると、身動きが取れなくなってしまうのです。

 

 

これは効率が悪いです。
大きな資金を動かす人なら余裕があるでしょうが、
少ない資金でそれなりの利益を挙げようとしている私にとって塩漬けは、最悪のシナリオ。

 

 

その時点で損切りしなければ、元本は減りません。
いつか値が戻ってきた時に利確すればいいのかもしれませんが…。

 

 

それができるほどの資金的な余裕があればどんなにいいか…。

 

 

私のような小額資金トレーダーは、塩漬け=マイナスです。
身動きが取れないわけですから、その間に挙げられたはずの収益は入ってこなくなります。

 

 

どうしてこんなことになるのかと言うと、
相場には人為的に 「しかけ」 られたものがあるからです。

 

 

のほほんとトレードをしていると、あっという間に 「しかけ」 にやられてしまう。
誰かにしてやられる!

 

 

つまり知らない誰かに自分の財布のお金を抜き取られる。
それと同じことです。

 

 

損切りをする = 誰かの収益になる
塩漬けをする = 誰かのオモウツボ = 自分の損失 = 誰かの収益

 

 

FXは、上がるか、下がるかしかないわけです。

 

 

値上がって儲かる人がいれば、損する人が必ずいる。
値下がって儲かる人もいれば、損する人が必ずいる。
みんなが儲かるなんてあり得ないのです…。

 

 

基本的なことなのですが、私は、つい最近まで本当の意味での理解をしていませんでした。ダメですね〜。(苦笑)

 

 

儲けた利益をず〜っと口座に放り込んでいた私には、目の前で利確して得た利益はバーチャル体験にしか感じられません。
塩漬けでも放置していれば損失という感覚は薄れてしまいます。

 

 

だけど、それは身動きできないという損失なんです。
そのまま放置していたら、どんどん損失が拡大してしまう可能性があります。

 

 

だから現在では、損切りもなんとかこなしています。(苦笑)
まだまだお世辞にも上手なトレードとは言えないけれど、
やられっぱなしにならないように、気分は戦国武将?(気持ちだけは)で参戦しております。(笑)

 

 

そして元本も利益も放り込んだままだった口座ですが、
少しづつ動かしております。

 

 

儲けを実感に → あらたな気持ちでトレード

 

 

少しづつトレード手法も変えつつあります。

 

 

FXの相場は弱肉強食の世界。
食われないように少しづつでも進歩していかないと!!

スポンサードリンク