FX 損切り

スポンサードリンク

FXは損切りの勇気がとても大切!

あなたは、トレードをする際に
きちんとストップロスを入れていますか??

 

 

教科書通りならストップを入れない取引や
損切りをしない取引など、あってはならないですよね。
私も、トレードを始めたばかりの頃は、キチンとやっていました。

 

 

ですが、損切り回数があまりにも多くて、
それでストップも損切りも止めてしまいました。
一時的にですよ。

 

 

ストップを上手く使いこなせるようになるまでは、
「値が上がる」 ことを信じて、対円通貨のみ、プラススワップのみ、
損切り、ストップなしの取引をしていました。

 

 

もちろん、そんな手法がずっと長続きするとは思っていませんでした。

 

 

そんな中での2007年8月のサブプライムローン問題でした。

 

 

プロから言わせれば、暴落時に売りから入るのは、
私がやっている手法よりも簡単に効率よく利益を上げられるわけです。

 

 

暴落の中、これ以上下がるか?底を打って上がるか?
もみ合っている時こそ、ガッツリ売りを浴びせて自ら落としに行く!
という手法を聞いたことがあります。

 

 

ゾッとしました…。

 

 

今回は、日本の個人投資家の多くが、
いかにストップを入れていないかが
暴露されてしまう結果になったと思います。

 

 

私は忘れません、夜中の売り攻撃…。

 

 

私達が寝ている間に、ストップやロスカットを狙った異常な値動き。
でもこれがプロのやり方です。

 

 

値はドンドン下げ、投売りする人、
大量の損切りをする人、ロスカットする人…。

 

 

結果的に私達は、自分達で更に値を下げていってしまったのです。
仕掛けた人たち(プロ)の思うツボです…。

 

 

実は、私も大きな痛手を負いました。(涙)

 

 

問題は、日本の個人投資家がいかにストップを入れていないか。

 

 

ここだと思うんです。
プロは恐ろしいですよ。

 

 

期日までに利益を上げなければいけませんから、
なんだってしかけてくるでしょう。

 

 

今回のコトで私達の手法はバレてしまったのです。

 

 

バレてしまった以上は、同じことはもう通用しません。
というか同じコトを再度される可能性があります。

 

 

上げ上げ相場で、ご満悦していたら、
ガッツリ叩き落されて、今までの利益をすべて剥奪される!
そんな事がこれから先もあるでしょう。

 

 

でもこれって、教科書通りにストップを入れる、損切りもする!
そういうトレードをしていれば防げたはずです。

 

 

もしもそれで利益が上げられずに損失ばかりが出たなら、FXを止めるとか、
他の投資に切り替えるとか方法は他にもあると思います。

 

 

まずは、必要な時に損切りをする勇気から!
第一歩を踏み出したいと思います。

 

 

注) 今すぐ、損切りをせよ!と言っているわけではないですよ〜〜!(笑)

スポンサードリンク