マージンコール

スポンサードリンク

マージンコールとは何のことか?!

マージンコールというのは、すごく簡単に説明すると、
トレードが上手くいかなくて、「あなた、このままでは強制決済になりますよ」 という警告のことです。

 

 

私も何度か受けたことがあります。
そのときは、もうお先まっくらでゲッソリしましたけどね。。。。

 

 

たとえば、あなたが、トレードを始めたとして、順調に利益を積み重ねられたらいいのだけれど、相場って良い時もあれば悪い時もあります。

 

 

もしも買った通貨が暴落したら…。

 

 

暴落じゃなくても、あなたの予想に反して大変動してしまったら???

 

 

どんどんレバレッジは上がります!
そう! あのレバレッジはポジションをもった時のものではなくて、
最新のレートによって変化していくのです。

 

 

自分が調子の良い時には強い見方にないりますが、悪い時には悪魔に変身します! 笑。

 

 

ここで高レバレッジ取引をしている方は、マージンコール(警告)を受けるのです。

 

 

つ・ま・り、

 

 

「このままではロスカット(強制決済)ですよ 。トレードを続けたければ、追加でお金を振り込みなさい!」 というものです。

 

 

振り込んだお金は、元本(証拠金)に組み込まれます。
元本が増えればレバレッジは下がって安全になるという仕組みです。

 

 

ある意味良心的ですね♪

 

 

このマージンコールは各社設定が違います。
あなたがトレードをする会社のマージンコールを調べてみましょう!

 

 

ここまでだったら下がっても大丈夫。
ここまで下がったらマズイ! というラインが見えますよ。

 

 

たとえば、外為どっとコムの場合は、「資産の維持率が50%を下回った場合」
とされています。

 

 

スポンサードリンク